AGAに悩まされる男性

男性型脱毛症と呼ばれるAGAの症状は自分で気付くことが出来ずに第三者に指摘されて初めて気付くというパターンが多いです。確かにその症状は毎日自分で見ていると気付かないものばかりです。こちらではAGAの症状や対処法などを解説します。

AGAの対策には生活習慣改善が大事

AGAは遺伝や不規則な生活が原因と考えられています。
遺伝の場合でもきちんとした生活を心掛け、食事にも気を使うなどの対策をすることで発症を抑えたり、進行を遅らせることが可能です。
もうすでにAGAになっている場合には専門外来などで治療やアドバイスをもらいながら生活習慣の改善を目指しましょう。
改善しやすく、とても重要なのが食事と睡眠です。
特にコンビニ弁当や洋食ばかり食べているという人にはより効果的ですが、髪に良い食べ物は基本的に和食でよく使われる食材が多いのです。
その食材は、わかめや昆布などの海藻類や人参、ピーマンなどの緑黄色野菜や鰯や牡蠣、卵、納豆や豆腐などの大豆製品、レバーなどです。
海藻類や、緑黄色野菜などをバランスよく食べることで髪に良い栄養素を摂取でき、強い髪の毛を育てることができるようになります。
私たちが寝ている間も体は栄養素を作り出したり体のいろんな箇所に送ったりしていますが、眠っている間に髪にとって重要な成長ホルモンが作られます。
髪の毛が作られているのも私たちが眠っている間で、成長ホルモンが欠かせないのですが、大人になると成長が止まってしまうため分泌量自体が子供の頃より少なくなってしまいます。
しかし、体が成長しなくなっても、生命維持には成長ホルモンが必要な為、臓器などに比べると必要性の低い髪の毛や肌などは後回しになってしまいます。
寝不足が続くと肌が荒れたり抜け毛が増えるのは、成長ホルモンの分泌量が少なく肌や髪の毛にまわす余裕がないということなのです。
この成長ホルモンの分泌を促すのが規則正しい生活と上質な睡眠なのです。
睡眠時間が長くても疲れが抜けにくい、睡眠時間や起床時間がバラバラという人は一度睡眠の質について見直してみることが重要です。
食事と睡眠を見直し改善することでAGAの効果的な対策になります